ドキュメンタリー「ガリカイ・ティリコティ ジャパン・ツアー」part1

先日も告知致しました「音の流星群 ガリカイ・ティリコティ ジャパン・ツアー2013」ですが、
ガリカイさん初来日に加え、
今後もこのようなチャンスが訪れるかわからない、
もしかしたら最初で最後のことになるかもしれない貴重なツアーなので、
今回のことを連載にして発信していこうと思いました。

ツアーは6月~7月ですが、
part1では、招聘に至るまでのエピソードについて、
ガリカイさんを師匠とするムビラプレイヤーのSUMIさんにインタビューさせて頂きました。

*********************

2年前くらいに、招聘の実現に向けて準備をしていかなくてはいけないと思った

――ガリカイさん招聘を思いついたのは、いつ頃ですか?

「ガリカイさんを師匠としてムビラを始めた頃から考えていました。
ガリカイさんは3歳のときに誰も教えていないのにムビラを弾いて、
6歳で音階の狂ったムビラを調律して周囲を驚かせたという伝説を持つスーパープレーヤーです。

ガリカイさんの演奏を見たい、と思っている人は世界中にいます。
日本でも“ガリカイさんを日本に呼んでほしい”という声をいただいていました。
でも、最初は現実的ではなくて、自分も日本でのライヴ活動を始めたばかりだったというのもあり、
この状態で実行したところで、とてもうまくいくとは思えなかったというのがありました」

――では、何故、今年、それを実行しようと思ったのでしょう?

「ガリカイさんも年齢を重ねていくし、いつまでも先延ばしにしていられない、きちんと実現に向けて準備を進めていかなくちゃいけないと思ったんです。
2年前、ちょうど(ガリカイ・スタイルのムビラグループ、マズィタテグルの)メンバーのトンデ(トンデライさん、ガリカイさんの長男)とワカもジンバブエにいて、ガリカイさんを日本に呼びたいという話をしました。
2人とも賛成してくれて、3人でガリカイさんにも話をしたら、日本に行きたいと言ってくれました

――そこから実現に向けて動き始めたんですね。具体的にどのようなことをしましたか?

「まずはガリカイ・スタイルの演奏を知ってもらうために、日本国内でライヴ活動を増やしたり、CDを作って販売したりしました。それまでガリカイ・スタイルの演奏は日本ではあまり知られていなかったので。あと、ライヴ会場の交渉なども少しずつ進めていました」

今回のCD制作で想定外のことが起こった

――問題も起こらず、スムーズに進められてきましたか?

「最初からうまくいかない場合を想定しておくので、問題が起こることはほとんどないです。
ただジンバブエを通すと、あまりにも思い通りにいかないことが多く、今回のCD制作については、想定外のことが起こりました

――今回のツアーで先行発売されるCDですか?

「そうです。ガリカイさんと日本でのツアーの話をした時に、ライヴやムビラ販売だけでは難しいという話になったんです。そしたらガリカイさんから、来日に向けて、新しくCDを制作して、それをツアーで販売したらいいのではないか、という案が出たんです

――それでツアーに間に合うように、CD制作をすることになったんですね。

「今回は、前回使ったのと違うスタジオを使いました。
元々ジンバブエ人は時間に大らかなんですが、そこのエンジニアが本当によく時間に遅れる人で、例えば朝の9時の約束なのに現れたのが午後2時だったり

――困りますね。

「スタジオは家からバスを乗り継いで2時間くらいかかるんです。
日が暮れる前に帰らないと強盗に遭うかもしれないので早く帰りたいんですが、遅れて来るので作業が終わるのも遅くなります。
ある程度、終わって、ガリカイさんと他のメンバーには先に帰ってもらったとき、最終的に作業が終わったのが夜の7時ごろになってしまったことがありました」

――何事もなく帰れたんですか?
「一人で必死にバスを乗り継いで帰りました。そんなことが2回くらいありました。一度、強盗に遭った経験があるので、そのシーンがよぎってしまうんです」(強盗に遭った体験を語っている以前の記事は→コチラ

――帰宅したとき、みんな心配していましたか?

「いえ、別に。ガリカイ家の人たちは僕のことを、もうジンバブエ人だと思っているみたいで」

問題は起こりましたが、エンジニアの技術はピカイチ

――他にも問題は起こりましたか?

「日本に帰るとき、出来上がったCDを持ってこようと思っていました。
予定通りには出来上がらないだろうと思って、余裕を持ってスケジュールを組んでいたんですが、帰国の2日前になっても出来上がらず、ガリカイさんも一緒にスタジオまで頼みに行ってくれたのですが、結局間に合いませんでした

――スタジオが忙しくて、手が回らなかったのでしょうか?

「いえ、忙しいということではなく、遅れた理由は、そこがジンバブエのスタジオだったからだということです

――なるほど(笑) CDは後から送ってもらったんですか?

「はい。でも、送られてきたCDが想定外の出来でした」

――と、いうと?

ジャケットのプリントがひどすぎて、とても販売できる状態ではなかったんです。
タイトルのひとつは背景に溶け込んで読めないし、縦横の縮小率も変で人間が縦に伸びていたり、色の調整もおかしくて表と裏では同一人物が別人のようになっていて。
スタジオに払ったお金も無駄になり、全部、日本で作り直しすることになったので、余分な費用がかかってしまいました」

――ジャケットはフライヤーに載っていますよね?

「あれが元の画像です」

――何故、そんなことになってしまったんでしょうね。プリンタが悪かったのでしょうか?

「理由はやはりジンバブエのスタジオだから、ということです。
出来上がるまで、帰国せずに近くにいたら、違っていたと思います」

――どれだけ、ひどいジャケットなのか、見てみたいです。

店頭販売のものには付けられないのですが、ツアーのライヴ会場販売限定で、ジンバブエのスタジオが送ってきたジャケットを付録としてお付けします

――それは、ある意味、貴重ですね。これが話題のジンバブエ製のジャケットか!って。

「そうですね、見比べて頂くのも、おもしろいかと。
ただ、一言お伝えしておきたいのですが、ムビラの音の録音に関してジンバブエのスタジオのエンジニアの技術はピカ一です。
ジンバブエ以外の国で、世界ナンバーワンのようなどんな有名なエンジニアの人に頼んでも、絶対にあのサウンドクオリティは出す事ができません。
それは彼らがムビラの音を知っている事、ムビラの音に慣れている事、また長年試行錯誤しながらムビラの音を録音してきた経験があるからです。
しかも今回はジンバブエで一番人気のあるミュージシャンがレコーディングに使用しているスタジオで録音しています。
その録音の音は半端ではありません。
ムビラの音は高音、中音、低音がありますが、これをそれぞれ綺麗に聞き分けられる事、これらの音をミックスした時の臨場感がある事がとても大切です。
ぜひ、CDを聴いて最高級の贅沢な音を楽しんでいただければ、と思います


最新アルバム“GWENYAMBIRA(グウェニャムビラ)”
会場販売のCDにはジンバブエ製の、有り得ないプリントのジャケット付!

忙しくて、トイレに行く時間ももったい

――CDもどうにか間に合いそうで、あとはガリカイさん来日を待つばかりですね。その他、大変だったことはありますか?

「やることが多すぎて、トイレに行く時間ももったいないときがあります」

――健康は大切なので、トイレにはきちんと行ってくださいね。ガリカイさんが来日して、これからが本番ですから。

「ありがとうございます。一人でも多くの方に、会場に直接足を運んでガリカイさんの生の演奏を体感して頂けるように頑張ります」

<ツアー・スケジュール>
[関東]
☆6月2日(日) ライヴ☆(満員御礼!
アフリカ大陸
吉祥寺駅から徒歩7分
Tel:042-249-7302
東京都武蔵野市吉祥寺南町2-13-4 オフィスワンB103
http://www.yashizake.com/
【予約連絡先】”midnightexpress1977@yahoo.co.jp”,”070-5469-6409″
開場 17:30 開演 18:00
料金 2500円+ワンドリンクオーダー

☆6月6日(木) ワークショップ☆(要予約)
場所:東京都内
【予約連絡先】”midnightexpress1977@yahoo.co.jp”,”070-5469-6409″
時間:19:30~21:00
料金:2500円

☆6月8日(土) ライヴ☆
BIG SPORE HEMP SHOP
Tel:0277-32-1831
群馬県桐生市梅田町3-49-1
http://www.bigspore.com/
演奏 1st 16:00~ 2nd 18:00~

☆6月9日(日) ワークショップ&ライヴ☆
Sangam
TEL:027-386-4846
群馬県高崎市中居町2-6-25
http://sangam.moo.jp/top.htm
【お問合わせ先】”027-386-4846″
ワークショップ 14:30~16:30 2000円
ライヴ 17:30~19:00 2500円

☆6月12日(水) ライヴ☆
そら庵
半蔵門線・都営大江戸線清澄白河駅から徒歩10分
Tel:050-3414-7591
東京都江東区常盤1-1-1
http://www.sora-an.info/
開場 19:00 開演 19:30
料金 2000円+1オーダー

☆6月15日(土) ムビラサミットEAST Vol.8☆(前売有り)
アフリカンレストラン「カラバッシュ」
JR浜松町駅から徒歩10分
Tel:03-3433-0884
東京都港区浜松町2-10-1 浜松町ビルB1
http://www.calabash.co.jp/
【予約連絡先】”03-3433-0884(日・祝を除く)”,”shopアットmbirazvakanaka.com(マサ)※アットを@に変えてください”
出演:ガリカイ・ティリコティwithパシチガレ・ムビラズ,GoRo, ら・ら・ら,UG Matsuhira & Nhapitapi
開場16:00 開演16:30
料金:前売り3000円,当日3500円(+共にワンドリンクオーダー)

[静岡]
☆6月17日(月) ライヴ☆(要予約 限定20名)
cafe CAPU(カフェカプー)
JR静岡駅から900m
Tel:054-252-5343
静岡県静岡市葵区常磐町3-6-13
http://www.cafecapu.com/
【予約連絡先】”054-252-5343″
開場 18:00 開演 19:00
2000円+1オーダー

☆6月18日(火) ライヴ☆
ロコマニ
JR静岡駅より徒歩約10分
Tel:054-260-6622
静岡県静岡市葵区鷹匠1-10-6
http://rokomani.exblog.jp/
開場 18:00 開演 19:00
2000円+1オーダー

☆6月19日(水) ライヴ☆(要予約)
Artist Loft ボタニカ
JR静岡駅北口から徒歩13分
静岡県静岡市葵区研屋町25
http://www.kinza-botanica.com/
【予約連絡先】”koikedasuma@gmail.com”,”080-6335-6962″
開場 18:00 開演 19:00
2000円

☆6月21日(金) ライヴ☆
浜松市楽器博物館
JR浜松駅から徒歩7分
Tel:053-451-1128
静岡県浜松市中区中央3-9-1
http://www.gakkihaku.jp/
演奏:19:00から天空ホールにて

[名古屋]
☆6月22日(土) ライヴ☆(前売有り)
Art & Music Space 源
東山線今池駅から徒歩5分
Tel:052-751-2550
名古屋市千種区春岡1-11-8
http://live-gen.musical.to/
【予約連絡先】”070-5469-6409(スミ)”,”080-6113-7151(松平)”
出演:ガリカイ・ティリコティ&マズィタテグル、マツヒラユウジ&ナピタピ
開場18:20 開演19:30
料金:前売り2000円,当日2500円(+共に1オーダー)

☆6月23日(日) ミニライヴ&ワークショップ☆(要予約)
トライバルアーツ
地下鉄鶴舞線原駅から徒歩5分
Tel:052-848-3433
名古屋市天白区 中平 1-501
http://tribal-arts.net/
【予約連絡先】”070-5469-6409″
時間:18:00~20:00
2000円

[関西]
☆6月25日(火) ライヴ☆(要予約)
堺町画廊
京都市営地下鉄烏丸線烏丸御池駅から徒歩5分
Tel:075-213-3636
京都市中京区堺町通御池下ル
http://sakaimachi-garow.com/blog/
【予約連絡先】”075-213-3636″
開場 18:00 開演 19:00
2500円

☆6月26日(水) ライヴ☆(要予約)
なやカフェ
叡山電鉄叡山本線元田中駅から徒歩15分
京都バス 北白川校前近く
京都市左京区北白川堂ノ前町1番地 デュ北白川102
http://78naya.com/Top.html
白川今出川通りの交差点より、北へ歩くこと約7分。天然酵母パン「ちせ」を通り過ぎ、約」2分歩くと100円パーキングがあってそのとなりの大きなビルの2階。 道の右下に小さな看板があります。
【予約連絡先】”080-6335-6962″
開場 18:00 開演 19:00
2000円

☆6月27日(木) ライヴ☆(要予約 限定20名)
ベトナム料理&エスニックカフェ Puttu(プットゥ)
近鉄大阪線上本町駅から徒歩5分
Tel:06-6796-8338
大阪府大阪市天王寺区上本町8丁目1-8 川口ビル1F
【予約連絡先】”06-6796-8338″
開場 18:00 開演 19:00
2000円+1オーダー

☆6月28日(金) ライヴ☆(要予約)
CAP CAFE & SHOP y3
JR元町駅より徒歩15分
Tel:078-222-1003
神戸市中央区山本通3-19-8
神戸市立海外移住と文化の交流センター内
http://www.cap-kobe.com/cafe/
【予約連絡先】078-222-1003,お問合わせ先:070-5469-6409
●18時~19時
”ムビラ”の楽器とその役割についての説明
ジンバブエに伝わる伝説についてのお話
●19時半~21時
ムビラ演奏
2500円(ワンドリンク付き)

☆6月30日(日) ライヴ☆(前売有り)
宮内公園内茶室
阪神出屋敷駅から徒歩5分
兵庫県尼崎市宮内町3丁目180
【予約連絡先】”080-5366-5823″,”barbersplus@gmail.com”
開場 13:00 開演 14:00
大人 2000円(当日料金2500円)
子供 500円(当日料金1000円)
※子供料金は12~18歳です。それ以下のお子様は無料です。

☆7月1日(月) ライヴ☆
Switch
四つ橋線 西梅田駅から徒歩2分
Tel:06-6442-7331
大阪市北区曽根崎新地2-3-13 若杉大阪駅前ビルB1
http://switch-life.com/
【お問合わせ先】080-5318-5433
演奏 1st 19:00~19:30 2nd 21:00~21:30
ワンオーダー制

[広島]
☆7月3日(水) ライヴ☆(要予約)
香味喫茶 ハライソ 珈琲(paraiso coffee)
JR尾道駅から徒歩5分
Tel:090-2002-4912
広島県尾道市東御所町3-13 2F
http://paraisocoffee.jimdo.com/
【予約連絡先】”090-2002-4912″,”paraiso_onomichi@yahoo.co.jp”
開場 19:00 開演 19:30
2000円+ワンドリンクオーダー

☆7月4日(木) ワークショップ☆
フランス人 マチューの家(尾道)
時間:19:30~21:00

[四国]
☆7月6日(土) ライヴ☆(要予約)
Y’s Cafe(ワイズカフェ)
Tel:089-933-5075
愛媛県松山市一番町1-14-10 井手ビル1F
http://r.gnavi.co.jp/5885578/
【予約連絡先】”089-933-5075″
19:30~21:00
料金:2000円+ワンドリンクオーダー
ライヴ後は交流会を予定しております。
みなさま、共に楽しい時間を共有しましょう。

☆7月7日(日) ライヴ☆(要予約)
食堂みつばち
Tel:0897-84-3571
愛媛県今治市吉海町仁江1876-1
http://mitsubachi.q-paysan.com/
【予約連絡先】”0897-84-3571″
開場 18:30 開演 19:30

☆7月11日(木) ワークショップ&ライヴ☆
高知県立美術館ホール
土佐電鉄路面電車「県立美術館通」下車徒歩5分
Tel:088-866-8000
高知県高知市高須353-2
http://www.kochi-bunkazaidan.or.jp/~museum/
【お問い合わせ先】”090-7140-6496″,”kapi2590@basil.ocn.ne.jp”
ワークショップ:2000円 16時~17時40分
ライブ:前売り1800円,当日2000円(学生の方は500円です) 19時~

[関東]
☆7月13日(土) ワークショップ&ライヴ☆(要予約)
亀時間~鎌倉材木座ゲストハウス~
JR鎌倉駅から徒歩20分
Tel:0467-25-1166
神奈川県鎌倉市材木座3-17-21
http://kamejikan.com/
【予約連絡先】”infoアットkamejikan.com※アットを@に変えてください”
ワークショップ 10:30~12:00 料金:2000円(1ドリンク注文 6名限定)
ライブ 開場12:30  演奏 13:00~15:00 料金:2000円(1ドリンク注文 ※要予約)

☆7月15日(月) ワークショップ☆(要予約)
場所:東京都内
【予約連絡先】”070-5469-6409″
時間:14:00~16:00
料金:2500円

☆7月18日(木) ワークショップ☆(要予約)
場所:東京都内
【予約連絡先】”070-5469-6409″
時間:19:30~21:00
料金:2500円

☆7月20日(土) ガリカイ・ティリコティツアーファイナルライヴ☆(要予約)
アフリカンレストラン「カラバッシュ」
JR浜松町駅から徒歩10分
Tel:03-3433-0884
東京都港区浜松町2-10-1 浜松町ビルB1
http://www.calabash.co.jp/
【予約連絡先】”03-3433-0884(日・祝を除く)”,”pasichigarembiras@yahoo.co.jp”
開場 18:00  演奏19:00~21:00
2500円(1ドリンク込み)

(2013年5月4日)

*********************

さてさて、
ツアーの成り行きは今後も発信していきます!
part2に、つづく。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする