美容師:岩崎さん

いつもお世話になっている美容師の岩崎さんにお話を伺いました。

**********************

美容師になることしか考えてなかった

――仕事を始めたきっかけについて。

岩崎さん(以下、I):小さい頃から美容師に憧れていたのと、髪の毛を触るのが好きだったので、それが自分の職につながればいいなと思って……、美容師になることしか考えてなかった。

――幼稚園くらいのときから?

I:小学校。林間学校に行って、みんなでお風呂に入ったりすると、友達の頭をシャンプーしてあげたりとか、髪の毛を結ってあげたりとかいうことが好きだった。だから将来美容師さんになれたらいいなあって、そのころから思ってました。

――家庭の環境の影響ではなくて?

I:全然。逆に小さい頃は床屋さんしか行かせてもらえなくて、きれいな美容院に行きたいと思ってたので、そういう憧れもありました。
それと、手先を動かすことが好きなんです。細かい作業がすごく好き。

――人に接することも好きですか?

I:いえ、話すことがすごく苦手でした。美容師になると当然お客さまと接しなければならなくて、それが苦手で、最初のころは余裕がなくて黙々とやってました。

――話すのが苦手とは思えないですよね。

I:やっぱりそれは何年もやってきたからだけど、最初のころはお客さまと話していると、顔が真っ赤になっちゃうの。
だけどやっているとだんだんと、お客さまと会話をしながらやらなくちゃいけないってわかってきて。それで少しずつお喋りができるようになってきました。

――お客さん側の立場としても気を遣いますけどね。初めて行った美容院でプライベートを根掘り葉掘り聞かれると、なんで初対面なのに、こんなこと話さなくちゃいけないんだろうって。でも、相手の気を悪くしてもいけないし、とか。だから実は美容院に行くの、苦手でした。でも岩崎さんは、嫌なことは聞かないし、話したいことを話させてくれるし、だからコミュニケーション能力が高い方なんだなって思ってました。

I:そんなことないです。(笑)
でも経験を重ねていくと、相手がどんな会話を求めているのかとか、こういう話題を提供すると反応が返ってくるとかいうことがわかるようになってきたんです。

手荒れがひどくて辞めていった子もたくさんいた

――美容師をやっていてメリット、デメリットはありますか?

I:メリットは流行に敏感になれること。
あとはいつでも自分の髪の毛もやってもらえる。カットしたり染めたり、自分の思うようにやってもらえること。
デメリットは、昼間ご飯が食べられなかったりすること。忙しくて、気が付いたら夜になっていたりとか、ずっと立ち仕事で、足がむくんだりとか。

――あとは手が荒れたりも?

I:もちろん。やりたくても手荒れがひどくて辞めていかなくてはいけなかった子もたくさんいました。幸いにも私はすごく頑丈なので、大丈夫だったけれど。

――特別なケアをしていれば大丈夫なんですか?

I:体質だと思う。でも、病院に行きながら美容師を続けている人もたくさんいます。

――薬を塗りながら、仕事をやるんですか?

I:手袋をしたりもするけど、素手にならなくちゃできないことが多いから、手荒れがひどい子は結局辞めていっちゃう。

――失敗談はありますか?

I:本当に恥ずかしい失敗談だけど、技術者になりたての頃にドキドキしながら、でもプロとして堂々としていなくちゃならなくて、男性のお客さまだったんだけど、
「どうなさいますか?」
って聞いて、切り始めたんだけど……、うまくいかなかった。
本当に普通の髪形だったんだけど、一部短くなっちゃって、「どうしよう」って思って、とりあえずブローでどうにかするしかないと思って、終わって、
「どうですか?」
って聞いたら、
「あ、いいです」
って。

――失敗に気づかれなかったんですか?

I:かなあ。でもあとで困ったんじゃないかなと思う。
未だにどこかで会ったら謝りたいくらい。本当に忘れられない失敗談。

意見をちゃんと言ってくれるほうが助かる

――心がけていることについて。

I:お客さまの希望になるべく添うようにするということ。

――でも明らかに髪質とか顔の形とかの関係で、この髪形は合わないっていうのもありますよね。

I:んー、でも一番困るのは「おまかせします」って言われてしまうこと。

――長さも何もかも”おまかせ”ですか?

I:そう。でも「おまかせします」って言われて本当におまかせさせてもらったことは一回もないです。
「じゃあ、こういうふうな感じでいかががでしょうか?」
って提案をすると、
「でも、それは私には合わないと思う」
とか、なにかしら返ってくる。
こちらがいろいろ提案しても、結局はその通りにはならない。
だから一番いいのは、写真を持ってきてくれたり、意見をちゃんと言ってくれたりするほうが助かります。

――仕事を始めてあらためて気づいたことはありますか?

I:お客さまの年齢層によって、特に年配の人からなんだけど、体験談を聞いて勉強になることがたくさんあります。
あと、お客さまによって、美容院に来たら美容師と話したいという人、雑誌を読んでいたいという人がいるんです。静かに雑誌を読んでいたい人に一方的に話しかけてもうるさいと思われるだろうし。だから最初少し話しかけて、その反応で、話しかけたほうがいいのか、そっとしておいたほうがいいのか、考えて接しています。

一人ひとりのお客さまとのお付き合いが長い

――やっていてよかったと思うことはありますか?

I:お客さまから「気持ちよかった」「やってもらってよかった」などお褒めの言葉をもらえること。「ありがとう」とか、感謝の気持ちをもらえるとき、本当にやっててよかったと思う。
それと、小さい頃から来ていた子が成長して、結婚して、子供ができて、親子で来るようになったりとか。家族が全部、来るようになったりとか。そのうちお宅にまでお呼ばれするようになったりとか。

――でも、美容師さんが誰でもお客さんとそういうお付き合いができるわけじゃないですよね。やっぱり岩崎さんの人徳なんじゃないですか?

I:そんな。(笑)でも私は一人一人のお客さまとのお付き合いが長いかもしれないです。

――そういう関係って微妙だなって思うときありますよね。最初はこちらがお金を出しているお客さんという立場なんだけど、だんだん親しくなっていって、友達みたいになっていって、「あれ? この関係はなんだろう?」って。

I:どこまで立ち入っていいのかは考えるよね。
でも親しくなって、例えば髪の毛以外のことでアドバイスを求められたら、少しでも力になりたいと思うし、一緒に食事に行きません?って誘われたら、食べに行ったりもするし。
結局は、どこまで心を許しあえるかだよね。

自分の良さを出していけば、共感するお客さまがついてくれる

――今後の抱負について。

I:何度もお店を変わったけど、それでも誠意を持って、今も私についてきてくれているお客さまを守れたらいいなあって。また新規のお客さまともいいお付き合いができていけたらいいし。

――美容師を目指す人へのアドバイスはありますか?

I:美容師は長い仕事だし、年代に合ったお客さまとの接し方とかあると思うし、若いときはとにかくガムシャラに一生懸命やって、お客さまと一緒に年を重ねていけばいいと思う。
私は“自分らしく“というのが好きなんですが、人と比べることなく、自分の良さを出していけば、それに共感するお客さまがついてくれると思うし。
お客さまをきれいにするお仕事なので、やりがいがあるし、感謝してもらえれば、喜びもあります。

(2010年10月25日)

**********************
岩崎さんとは長いお付き合いをさせていただいてます。
美容院に行くのが楽しみになってしまうような美容師さんです
これからもよろしくお願いします^^
お忙しいところ、お時間をいただき、ありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

twitter

あなたの”一生懸命”を応援します☆
複数ブログ運営中!更新報告はtwitterから!フォローお願いします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする